笑う猫の手

機械学習、ボイトレ、お絵かきなどをしております。

「頭式呼吸」共鳴ボイトレ法 を読んだ。

挨拶

こんにちは。今年は頑張って投稿続けます。
数カ月前から月2回ボイトレ、週1回カラオケに通っています。
とにかく歌うのが好きです。

前書き

私のボイトレの先生はプロデビューを目指す歌手の卵なのですが、
トレーナーとしての実力はそこまでではない(自称)そうなので、自分でも勉強しようと思い一冊本を読んだので紹介します。

「頭式呼吸」共鳴ボイトレ法は
kiss musicというボイトレ教室を立ち上げた平山さんという方の著書で、
これまでのボイトレとは違ったアプローチを紹介しています。

対象は主にポップ歌手です。
これまでのボイストレーニングはクラシックの理論が前提になっており、
ポップに向いたボイトレではない、というのが大きな主張です。
よく知られている腹式呼吸なども否定していました。
また、現代人は蓄膿症や副鼻腔炎で鼻腔を上手く使えず、古い理論を適用するのが難しいとも言っています。
(さらにいうと、その機能が正常に働いているだけで歌は上手く歌える、とまで言っています。科学的な根拠はちょっと怪しかったですが、、、)

共鳴を鼻に固定しろ!

私が一番ためになったと思う部分は、
「共鳴が変わると音程が上下する(安定しない)」という記述です。

声は声帯が揺れ、その振動が口腔や鼻腔で共鳴して増幅され、他人に聞こえています。
その共鳴が起こる部分を著者は共鳴ポイントと呼んでいます。
一般の人はその共鳴を意識できておらず、共鳴ポイントが安定しないため、音程が安定しないとのことです。

そこで、共鳴を鼻の位置で固定することを推奨しています。いわゆる、鼻腔共鳴というものです。
鼻腔共鳴については知っていましたが、固定することで音程が安定する、というのは、衝撃でした。

確かに共鳴の場所が変わる、ということは常に変形し続けるラッパを吹いているようなものですから、
音程が安定しない、というのはかなり納得がいきました。

鼻を手入れしろ!

また、鼻腔の機能を復活させるために鼻うがいをせよ、というのも面白かったです。
さらにはインドヨガのスートラネティという、
鼻から紐を突っ込んで口から片方を出し、鼻腔内をこする
(少々狂気じみた)健康法もやるべき、とのことでした。
さすがにそこまではまだ出来ていませんが、鼻うがいは続けています。
心なしか、アレルギー持ちの鼻の調子が良い気がします。

おわり

鼻を手入れし、歌を鼻に響かせるというのは非常にシンプルで簡単なので、
しばらく続けていきたいと思います。

紹介