笑う猫の手

適当なことを書きます。

「統計学入門」を読んだ。ある程度出来る人は不要そう。

友達と統計検定2級取ろうと勉強を始めたのがきっかけで、
手始めに小島寛之さんの「統計学入門」を読んだ。

一応機械学習をやっているので、もともと基本的な知識は普通の人よりはあるはず。

結論からいうと、(結論しかないが)
ある程度統計に触れている人はこの本ではなくてもいいかなあという感じ。

内容は度数分布、ヒストグラム、統計量(平均・分散・標準偏差)、正規分布、カイ2乗分布、t分布と
それらを用いた正規分布を前提とした母集団の統計量の区間推定の話まで。
一つ一つの説明が丁寧なので、初学者にはとてもおすすめできる。

後日、友達に教えるためにまとめようと思います。